« がいらいごじてん | トップページ | すすきこすもす »

2015年10月12日 (月)

藤太軒のお知らせと勝峰山

百年床屋「藤太軒」。

Resize10722

今回のお知らせは、「そうだ藤太軒行こう」。

Resize10650

早朝のウォーキングは、目的を決めずにその日の天候と足具合と手具合そして心具合できめるのだが、このコピーを見ていたら、突然「そうだ勝峰山、行こう」ということに会議(独りでだけど)で即決。

五日市線岩井支線の線路跡から一路、勝峰山頂上を目指したのであります。

Resize10694

角度のある道は、もともと体が受け付けないのだが、あんまりにも空具合と心具合がいいもんだから、ぐんぐんと山道を時速6.3kmで歩き上がる。平将門由来の地なので、伝説の場所がいろいろ。

「血の池」。

Resize10656

Resize10661

「日の出町の昔ばなし」(日の出町史編さん委員会)によると、直径50mほどの大きな穴があり、昔は、水を満々とたたえていた池で、龍が住んでいたいうことで、近寄る人は誰もいなかった。ある日のこと猟師が大きな猪をしとめ、血のついた手をこの池で洗っていたところ、龍が怒り清く澄んでいた水をまっ赤に染め、龍は天に去ってしまったそうだ。三日三晩池の水は幸神川に流れ出てしまい以来、干上がっていまのようになってしまったのだそうだ。

勝峰山は、全体が石灰でできたような山で、昔からセメント工場があった。この穴も、石灰岩が浸食されたドリーネなのだそうだが、「血の池」のほうがいいやね。

池の辺には「鈴が石」。

Resize10657

別名「鈴が御前石」とも呼ばれる。将門の愛妾の名前にちなんだものだという。その子供に桔梗姫がいて、その石は「お手玉石」となった。榊の根元にある石は、血の池の底にころげ落ちても、いつの間にか元の場所に戻ってくるのだそうだ。(「日の出の町の昔ばなし」より)

Resize10658

速攻30分ほどで頂上に。

Resize10669

Resize10668

山頂には「勝峰神社」が建てられていたのだが、相対する山の麓に移設してしまった。平将門が守り本尊とした黄金像を勝峰山頂に安置し、鎮守にしたと伝えられる。祭神は大国主神。現在の拝殿からは、もともと建てられていた山頂が見通せる。

Resize10667

山頂の「鎧塚」。

Resize10666

「日の出町の昔ばなし」にも記載がなく、説明文もないので詳細は不明。青梅方面に落ちのびる際に、鎧を埋めたのだろうか。

山頂ら少し下ったところが見晴場になっている。東京スカイツリーや隅田川の花火がよく見える場所としても有名らしいが、この日は遠くが薄曇りでスカイツリーは見えなかった。今度は、望遠を一本もってこよう。

Resize10674

将門に心を寄せた村人たちは、うどんを振る舞ったりした。「さかな園」では、「将門うどん」が食べられる。勝峰山のふもとの人たちは、将門の宿敵、藤原秀郷が進行した成田山詣をしないことになっていたり、胡瓜をつくったり、食べたりもしないそうだ。これは、胡瓜の切り口が将門の紋、梅の花によく似ているからだという。(「日の出町の昔ばなし」)

速攻的に下る。

藤太軒近くに残るのが「藤太橋」。

Resize10723

天慶3(940)年、藤原秀郷(俗称 俵の藤太)軍3000名に追われた平将門軍400名は、大久野の勝峰山に拠点を確保。一方、秀郷軍は幸神に陣を構えた。陣を構えたところを「藤太口」と呼ぶ。戦線は硬直状態。将門らしき人影を認めた秀郷は、持っていた弓に矢を番え放った。矢は、将門の冑の袖口をかすめ谷に落ちた。矢が越えた沢を「矢越沢(やごさわ)」呼ぶようになった。また、矢を放ったところにあった橋を「藤太橋」と呼ぶようになった。現在は、橋は無くなってしまったが、看板の下には橋の部材の石が残されている。

難を逃れた将門は、岩井の「間坂峠(将門峠)」を抜け青梅方面に転戦。金剛寺で小休止。梅の一枝を地面に刺して「わが事成るなら この梅栄えよ 成らぬなら枯れよ」祈願したことから青梅の名が生まれた。 (参照 「日の出町の昔ばなし」/日の出町史編さん委員会)

転戦するときに疲れた姿の将門に、地元の人たちが、うどんを打って捧げたことから名づけられたのが「将門うどん」。「さかな園」で食べることができる。

幸神から眺める勝峰山。

Resize10720

頂上の近くで、であった葉顔。

Resize10672

無念。

合掌。





















|

« がいらいごじてん | トップページ | すすきこすもす »

五日市界隈の情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤太軒のお知らせと勝峰山:

« がいらいごじてん | トップページ | すすきこすもす »